FC2ブログ

07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. » 09

「氣の根っこ」極上の自分時間を提供します

靈氣とリフレクソロジーで心と身体を癒やします。あなたがすでに持っている力を発揮するお手伝いをします。

暇~~~~にしてる日々で、嬉しいお誘い 

Posted on 18:53:38

1日が長ーーーーい毎日。
そんな中、時々私を訪ねてくれる人や、誘ってくれる友人。
そんな時、しみじみ嬉しいです!
あぁ、わたし、忘れられてなかった。
って。
なんか、世間から忘れられてるんじゃないかって。
FacebookやらSNSみてると、皆さん活躍してる記事ばかりで、私、大丈夫かな?って不安になってくるんです。
そんな時に連絡もらうと超嬉しい!
お餅もらったり、本が届いてたり、ブログ読みましたって言ってもらったり、
こんな日記みたいなブログでも続けてて良かった~って思うんです。
今日はランチに誘ってもらいました。
話した事は


病が治るのは意識が大事!って事。
マイナスな方向をみてると、治りが遅くなる。
大丈夫、大丈夫、すぐ治るわって思ってると割と早くに治ってくる 。
私の悪い所は
下手に知識や経験があるがために
こうなってこうなって、こんな症状が出て、って、解ってるもんだから、
それに変に調べた知識まで加えてる!
自分で症状を作ってるところ!
ダメだなーー!
そして、決めつける!
こうだからこうなんだ。みたいにね。
忘れよう!
忘れよう!
違う事考えよう!
そうだ、本でも読もう!
来年の還暦になってからの旅行の計画でも立てよう!
楽しい事考えよう!
ひゃっほー٩( *˙0˙*)۶
手を当ててくれる優しい旦那さんも居るし
私は幸せだーー!
つぶやき  |  0 trackback  |  2 comment |  edit

△page top

ボケてしまいそうな日常  

Posted on 10:50:16

退院して数日
主人の食事だけは作っています
そのほかの家事はというと
千洗濯物はお義母さんが気をきかせて干してくれますし、
掃除は紙モップでツラ~と拭くだけ
一日中、でこれといってやることがない
何かしようと思っても身体アチコチ痛くて無理!
もちろんお客さんの予約も入らないから氣がひきしまる事がない
これ、うちの犬と同じ状態です((笑)
ご主人様の帰りをただ待つ!
IMG_9752[1]
ボケますよ、そのうちに
そうでなくてもイマイチなのに
そんな中、唯一の大事な仕事
快気内祝いに渡すl一筆箋をおひとりずつに書いてます
入院中から準備してたのに、足らないんです
広報無線で放送した?ってくらい
皆さん、私の入院をご存じで
おもいがけない方からお見舞いいただいたり・・・
で、
街で、出会うと
わたしのカオを見るなりものすごく喜んで下さる
良かった良かったって。
あまりに皆さんよろこんでくださるので
いや、まだ一人前じゃないですが・・・と弁明する
快気祝いって、お見舞いのお返しじゃなくて
治った喜び
お祝いのおすそ分けなんだそうな。
だから、こんなに喜んでもらえる私は、快気祝いを遠慮せず受け取ってもらっていいよね
みなさん、きっと
脳出血だから
半身マヒくらいを想像してみえるのに
普通に歩くし、手使うしって驚かれるんだろうかな
それに生きてるし!
毎日がリハビリで、服を脱ぐのも着るにも腕が痛いし
トイレじゃズボンを上げるたびに腕が痛い
首はもちろん凝るし、肩も凝る
腰もおぼつかない
でも生きてる!
さんま曰く、「生きてるだけで丸儲け」
生きてるからこそ、痛みを感じられる
幸せ~
なんてのんきな事つぶやいてますが
そばにいる主人は私の補助に毎日大変です
部屋の電気を消し忘れる
トイレを流し忘れる
今日が何曜日か忘れる
私の首凝りのマッサージを要求される
ついさっき、のことを忘れる
まさに高次機能障害です
子どもに返りました
あるいはいっきに30才ほど年齢が増えました
それでも怒らず助けてくれる優しい主人です。
少し抜けてるくらいがちょうどいい
なんて言いませんが、
いまは頼り切ってます。
あ、
靈氣もリフレクソロジーも出来ますよ!
忘れてません!
うでの痛みも差し障ることなくできます!
どうぞ、奇跡的に命を落とさなかった
私の運の良さとパワーのおすそ分け、受け取りにきてください
予約おまちしております

△page top

退院しました!  

Posted on 15:28:25

77日間の入院生活を経て退院しました!
長かった様な
短かった様な
ともかく、大変いい経験して、勉強した77日間でした。
脳外科で入院したからこそ!の、リハビリ。
症状に合わせたリハビリを巧んで、
毎日飽きないようにやってくれる、リハビリ士さん達。

患者さんとの親密さは看護師さんかと思いきや、なにがなにが、断然リハビリ士さん達の方が担当する患者さんとの距離は近い!
そして、先生並みに色々知ってる!
症状について助言してくれる!
すごいですわ、ビックリしました。
生まれ変わって、高校生になった時には、こんどはリハビリ学校に進もう!(笑)
ICUに居るときからもうはじまりますからね、リバビリ。
点滴と、尿パックを引っ提げて歩きました。
首が辛かった事しか記憶にないけど……
すぐにベットに雪崩れ込んでたなぁ~
愛想尽かす事なく、怒らず気長に相手をしてくれました。

お世話になりました!
貴重な経験をした77日間でした。
つぶやき  |  0 trackback  |  2 comment |  edit

△page top

身体がギシギシ  

Posted on 16:06:14

さぁ、出血でたおれた万里子さん、その後の経過です。
2回目の手術のときに不安要素だった首の過屈曲による警部捻挫(lきっと捻挫してると思うんだ)
のために、起き上がっているだけで首がととてつもなく凝ってくる
ついで肩が凝ってきて、背中じゅう凝る。で、頭が痛くなる
いわゆる、むちうちの人と同じような症状。
腕が重く感じる。胃までもが不快感。
地球の字重力ってこんなにも重いのか!と、重力を感じる
自分の頭が重いんだけどね( ̄^ ̄)ゞ
首って大変なんだなぁ~、よくボーリングの球を乗せてるって言うけど、まさにそれ!
日々、それと戦っております
以前から肩こりだったけど、もしかしてそれは
40歳で経験した子宮筋腫のオペでの全身麻酔の首の捻挫が原因だったんゃないのか?
とさえ思う
命を救うための救急処置、気管内挿管。全身麻酔の際の気管内挿管。必要な処置なんだけど、後々後遺症がのこって苦しむ人はいないんだろうか?麻酔科医の先生方はご存じないかなぁ
最近じゃ救急の時にはDrの指示で救急隊の人が気管内挿管する事もある。
あの、首の異常な過屈曲、その後を追跡して調査してほしいなぁ。そうすれば症状が出たときに適切な対処できると思う
たとえば、足首の捻挫にシーネ固定するように前もって、頚椎カラーをしておくとか。・・・・・
ずっと悩んでた肩こりが最近はなくなってたのに、再び登場です
2か月、ベットに寝ていたせいで、筋力が落ちた事は書きました
骨盤周り、足にかけて、すべての筋力が落ちます
そして動かさないせいで、関節がギシギシです。膝、足の指、股関節、肩までも!
次々と痛い所が増えていきます。ストレッチ、スクワットしようとすると関節が痛い
服の着替えでも関節痛・・・
そして、そして、元々腰が弱いわたしが、寝てばかりいるともちろん、余計に痛くなります。起き上がって歩き始めなんて、生まれたての子鹿みたいです(笑)
ヨレヨレです!
ご老人たちの氣持ちがよぉくわかります
この痛み、やりにくさをわからせるために今回の病気を与えたのかな?神様。とさえ思います
人一倍元氣だった私、病んでみてはじめてひとの辛さを知る。です
勉強させられてます!

リバビリで、編み物をしています。頭が傾かないように、市勢良く!を心掛けてがんばってます。

△page top

クモ膜下出血で生まれ変わった  

Posted on 18:01:28

こんにちわ
岐阜郡上直傳靈氣リフレクソロジー
「氣の根っこ」河合万里子です
クモ膜下出血、ご存じですか?
脳の動脈にこぶが出来て
それが破れることで脳内に出血する事です
脳は、複数の膜があります
クモ膜よいう膜内に出血が溜まる。
すると、大事な脳実質を圧迫して、最悪命をおとす
妹が1昨年の12月に命を落とした原因です
その
動脈溜が私にもありました
現役時代からときどき検査はしていました。
(なんせ、父親にもありましたから、そして、血圧も高い、そんな家系なんですね。)
でもいつ破裂するかまではわからない。
爆弾を抱えて生活してるんです
それが、ついに爆発しました
9/8の朝です

くしゃみをしたんです
クシャミで?!!?。はい、クシャミで。です。
ベットに寝てる姿勢って、腰が弱いわたしにとっては要注意なんです
咳やクシャミでギックリ腰をやっちゃうなんて例もあります。
なので、腰をかばったんです。お腹に力を入れないように
クシャミって4~5mも唾液を飛ばすほどのエネルギーがあります
そとに向かって吐き出すエネルギー。
それを、とめてるんですよ。皆さんが普段遠慮がちにクシャミしてる感じで。
口の中とかでとめる
それが頭にいったんかなぁ
はきだすエネルギーがぜんぶ頭に。
なんか、あたまが変!と感じたんです。後頭部が。
なんか変!
直感でした。
動脈が破裂した時の痛みは金づちで殴られたくらいの痛みと教わってきました。
そんなんじゃなかったんですが、直感で、
あ、出血したかも。と。
それで、救急車よんでもらい病院に運ばれました
地元の病院は脳外科医がいないということで、高速道も使って1じかん走ったところの大きな病院に運ばれました。
そこで、CTの結果、診断。
麻酔科医がいないlということで、翌日手術となりました。
出血の元となった、溜をクリップで留める手術です。
どうも記憶があやふやなんですが、この時点で私から直傳靈氣のセミナーを受けて下さった皆さんたちでFacebookグループをつくってるんですが、、そのグループの皆さんに私に向けて、遠隔靈氣お願いしてます。そして、主人が連絡をとってくれ、わたしの先生である岡村夫妻も全国に向けてFacebookグループのページに、
私への遠隔をお願いして下さいました
出血、手術をして朦朧とした意識のなか、
四方八方から、わたしに向かって遠赤外線パネルを向けているかのような温かさ。
そしてなんともいえない安心感に包まれていました。
家族はめいめいがわたしに直接靈氣をしてくれて、身体をさすってくれました。手を当てられる、さすられるってこんなにも氣持ちのいいものなんだとほっこりと安心感につつまれていました。
意識がちゃんとし、食事もはじまり、リハビリもはじまったころ、主治医から2かい目の手術の説明がありました
脳髄液が溜まりすぎると水頭症になる恐れがあるので、シャント手術をしましょう。ということでした
背骨の中を通してお腹に髄液を放出するのです。
オペ室勤務で、何回もみてきたおオペです。さっさと同意書にサインしました。
ただ、不安がひとつだけ。
全身麻酔をかける時に行う気管内挿管です。

写真はお借りしました、。

頭のてっぺんをベットにsこすりつけるほど首を最大限そらさなきゃ気管に管をいれられないのです。この首の形で骨とか筋って大丈夫なのかなぁ、首の捻挫にならないのかなあ………今後、痛くなったりしないのかなぁ。


でも麻酔科医の先生はプロですから、まずは、心配よりもやることおこなっていただきましょう。信頼してお任せしました。
また髪に血が付く、消毒が付く
そう思ったわたし、
よぉし!髪を切ろう!ついでにやろうと決めてたヘアドネーションしよう!
こんなl無理なお願いになんとかしようとうごいてくれるわが家族。


病室で床屋さんです
嫁ちゃんが思い切り切ってくれました。
スッキリしました!
それからは日常を取り戻すめの入院リハビリです。
起き上がってる時間が長くなりました。
頭を支えてるだけでやはり、首が凝ってきます、次に肩、そして頭が痛くなってくる
食事、歯磨きの時間なんて苦痛でしかない!
なのですぐにベットになだれこむグデぇぇ~~~とぐでたま状態が続きました
main-38.jpg
(画像はお借りしました)
そんな感じで3週間 寝てる生活が続き
、もろもろの予定をドタキャンしたり断ったり、それは、メールのやりとりが苦手な主人が氣をきかせて連絡しててくれていました。
3週間ねていると、筋力って驚くほどおちますね!たちあがのがつらい。しゃがむなんてもっってのほか!
ベットのうえで、お尻を浮かせられない。ベットから起き上がってあるきだせない・・・トホホです(つω-`。)起き上がっていられる時間も2時間が限界です
奇跡的に命は助かり、後遺症もなく今こうして外泊しPCにむかってますが、日常生活にもどるまでにはまだまだかかります
でも助けていただいた命ですから、大事にしてみなさんに還元できたらと思っています。
読んでいただき、ありがとうございました。

△page top

目次

プロフィール

最新コメント

ようこそ!

最新トラックバック

月別アーカイブ