FC2ブログ

10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. » 12

「氣の根っこ」極上の自分時間を提供します

靈氣とリフレクソロジーで心と身体を癒やします。あなたがすでに持っている力を発揮するお手伝いをします。

白山登山③ (頂上へ~帰路) 

Posted on 21:17:08

 はい 白山登山 その③です


夜明け前の4時前に室堂を出発し、ヘッドライトの明かりを頼りに登ります

荷物はないけど、やっぱり登り道です、そして標高が高いです。

次第に暑くなり、ダウンを脱ぎ、冬服を脱ぎ、襟元を開け放し

歩いてる時は暑いんです。これが止まって頂上でじっとしてると寒いんです、経験済みですから



東の空はもう明るいです

頂上歩き始め


あ~荷物がないってこんなに楽

なんて事を話ながら、5枚履いてる下半身の摩擦力に耐え50分くらいで頂上に到着しました

空はまだまだ暗いですが、奥宮のシルエットは見えます

頂上奥宮


すご~いこんな頂上にお社がある!!と感激しながら

人が少ないうちにとタイマー撮影  ちゃんとお参りはしましたよ

奥宮記念写真
昼間みたいに撮れましたけど、しっかり夜中です。よくこんなに明るく撮れました



先に頂上に着いた人はまだ2人。

静かです。幻想的です

[広告] VPS



この頂上に、多い時は何百人と佇むらしいですが、今日はラッキーで少ないので写真も撮りやすい

登頂記念




そしてご来光を待っていると、神主さん!岩の上に佇み説明を始められる

すご~い!!!こうやって毎日登ってこられる! それに普通の着物に袴!この寒いのに

説明する神主さん



周りの山脈の説明・白山の歴史・全国に広がる白山信仰の話をされました

北アルプスです。真ん中の三角が「剣岳」

北アルプス


そうして徐々に明るく、雲海もしっかり見え始めました。 向こうの高い山は「御岳山」です。

雲海見え始める




      




          日の出 



ご来光
北アルプスから昇りました



そして、神主さんの誘導で皆でバンザイ\(^o^)/しました

みんなでバンザイ

最高な気分

二人のシルエット


御前峰の影が・・・

御前峰シルエット




「このあと奥宮でお祀りをしますので、よろしかったらお参り下さい」と神主さん

奥宮でお祀り
しっかりと衣裳も着けてみえます

とてもありがたいお参りでした。何事も省く事なく、しっかりとされました

こんな高い山の頂上でお払いしてもらえるなんて最高 お神酒もいただきましたよ

パワーをたっぷり、たっぷり頂きました。ありがとうございます



調べてみたら

石川の「白山比め神社」(しらやまひめじんじゃ 全国3000の白山神社の総本山)から

1週間から10日交代で、自力でここまで登り、宿泊しながらお勤めされているそう

巫女さんも同様です



本当にこんなありがたい経験できた私たちは幸せものです

最高の山です





さっ。周りの景色を撮影(#^.^#)

太陽もこんなに昇っています。後光がさしてます

登ったご来光



室堂と別山 このず~っと遥か向こうが名古屋

室堂と別山


すぐそこに「魔」の大倉山と白水湖  遥か向こうはまるで富士山のようですが、富士山は見えないらしい・・・

大倉山と御嶽山
見ると、すぐそこじゃんと思うけど・・・6.9キロ長かった・・・


さて、反対側の景色も撮ろうか・・・・・・・・・・・・・


バ・バッテリーがない!!((((;゚Д゚)))


そ・そんなぁ~

無駄に撮ったもんなぁ・・・ ムービーも3回も撮ったし・・・・

ここでスマホは出せないし。電波がないんで、電源入れてるとすぐバッテリー消費。電池の減りが早い事!

なので、オフってる




仕方ない。室堂へ戻ろう。朝食食べよう



朝食も外で食べましたよ

そしたら 「もうすぐヘリコプターが到着するので、砂ホコリが舞うかもしれません」とご丁寧に



わ~いわ~い ヘリコプター\(^o^)/            子どもかっ!



飛んできましたよ、すごい轟音とともに・・・・・・・・・で、荷物をぶら下げて去っていきました

どこに下ろすんでしょうか。

また飛んできた時には、荷物をぶら下げてきました。で、こちらの荷物を持っていきました

あぁ・・・写真撮りたかった

その間、着陸はしません。ずっとホバリング状態でキープ!

今朝は風がないものの、怖いです。すっごい近くです。へたすると・・・・・・・考えるとぞっとする




さて、ご飯も味噌汁もおかわりして、コーヒーも沸かして飲んで、ゆったりした時を過ごして

それでも7時前。


そろそろ下山。  どうしても下りなければなりません。ここで生活はできないんだから

水場で帰りの水分補給。・・・・・・・やっぱり。全然、リュックの重さは減ってない


皆さん、団体さんは、エコーラインを下りていかれます

平瀬道を行くのは私達くらい




さぁ! 行くよ! クマよけの鈴付けて。


帰りは膝にくるので、慎重に、慎重に。

旦那は 若い時のスポーツの影響で、膝が反対に曲がった事が何回もあります

帰り道で歩けなくなったら大変です。おんぶなんてしてあげれません。

私はというと、アリナミン錠が効いたのかすこぶる快調

昨日のあの辛さはなんだったの?って感じ。全然辛くない




下山は景色が前に広がるからよく見える 旦那のiphonで撮ってもらいました

下山道の雲海



下を見ながら進むので、危険な道はよけい怖い
崩れて崩れて・・・いつかはこの道通れなくなるんじゃないか


危険すぎる下山道


見えてきましたよ、白水湖。 
鳥になって飛べそう

イェ~い 白水湖



登る時には気づかなかった アジサイ 頭の上に伸びてきてる

光求めてアジサイ




余裕もって下山し、4時間。 ついに帰ってきた~~~

無事登山口まで戻れたことに感謝して、車の中で、昼食に買ったお寿司いただきました

白水湖畔ロッジでハーゲンダッツアイスクリーム ここには手作りパンもあります。

ここまでなら、ドライブがてら走ってこれますので、今日は露天風呂もあきらめて。また今度。




自宅から望める「白山」に登りたいと、ずっと前からの念願

富士山の時と違い、準備に力を入れなかったせいか辛かった登山も振り返ってみると

また行きたい



これだから登山はやめられない










関連記事
タグ - 奥宮  お祀り  ヘリコプター    クマ     
登山  |  0 trackback  |  0 comment |  edit

△page top

△page top

Secret

△page top

トラックバックURL
→http://blog.kinonekko.jp/tb.php/82-da19bd0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

目次

プロフィール

最新コメント

ようこそ!

最新トラックバック

月別アーカイブ

ホームページ