FC2ブログ

08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. » 10

「氣の根っこ」極上の自分時間を提供します

靈氣とリフレクソロジーで心と身体を癒やします。あなたがすでに持っている力を発揮するお手伝いをします。

飲まなきゃ、飲まなきゃと飲んでたら・・・ 

Posted on 09:32:35


「おばさん大丈夫?なんか言葉が変やよ」

電話でしゃべってた姪から指摘されました

呂律が回ってません

自分では変だとおもってません




ある朝 布団から起き上がろうとしたら

右腕、右足に力が入りくい!

歩こうとしたら力が入らずよろけそうになる

なんとかトイレに行き用を済ませ

そのうち普通の手足に戻りました



その話を聞いて

TIA (一過性脳虚血発作) かも・・・

脳梗塞の一歩手前、血管が一時詰まったけど外れて戻った

って思いました



やばいなぁ・・・ここ数日様子見てないと・・・

TIA はよく脳梗塞の前触れって言われます

再度血管が詰まらないように

血液をサラサラにする薬なんかが処方されます



違う病氣で

もう血液サラサラ薬は飲んでましたので

病院行っても仕方ないわ、CTやMRI撮っても詰まってるんじゃないで所見ないし


と、水分をちょこちょこ摂るようにいって様子見ました





rongdari.jpg
(この子は関係ないですよ 画像はお借りしました)


それからまた数日後

今度は 起き上がるのにも苦労するほど両方の手足に力が入りません!



おかしい! 両方の手足? 脳じゃない


「飲んでる薬止めてみたら?」

思い切って助言しました

「忘れて飲まない人がいるくらいやで。

それに薬で生きてるんじゃない。

薬飲まんでも死にゃせん!

自分の身体を信じてみたほうがいい」




血液サラサラ薬だけにしました

中性脂肪、糖尿病の食前食後に飲んでた薬やめました




翌日

「ま~~~!楽や!全然どうもない」

「食前の薬のむと目がチカチカして化粧もしづらかったけどそれも無い」

「階段のぼってもはぁはぁしない」






みごとに薬の副作用でした




毎月の血液検査の結果で薬を調整される先生には罪はありません

以前 「変なんです、薬のむと余計えらい」 と訴えても

「じゃ少し減らしてみます」

一錠の半かけら 減るだけ



先生は患者さんの事を思っての事です

採血結果が悪くならないように

それで悪くなったらぶり返しです





でも・・・・・・・

申し訳ないけど このまま通院してるとよけい病氣になる と

通院やめました 

別の医院に変わりました



そこで採血してもらいました 

薬を3週間ほど飲んでなかった体の血液です



結果

全然大丈夫やんっ!

そりゃ 多少高い数値もありますが

83才なりの いやその歳ならそれ位高いでしょ の数値です






何が言いたいか?



薬で生かされてるんじゃありません

自分の身体が生きようとして生きてるんです

元に戻ろう戻ろうとしてます



薬を絶大的に信用するのはいかがなものか・・・


身体に必要ない薬は飲まない方がいい・・・





その、戻ろう戻ろう の自己治癒力って何?

の話もしたいんですが

あまりに長くなったんで (いつもですが(;^ω^))

次回にします



直伝靈氣の趣旨は

無駄な必要のない薬を飲まないように

自己治癒力を高めるのが目的なんです

医療費削減が目的なんです

負の財産を子どもたちに相続しないために





*****今後の予定****


靈氣前期セミナー1・2・3 

3/19(月)9:00~12:00  3/20(火)9:00~16:00  
自宅にて
 靈氣の歴史 ・直伝靈氣の経緯 ・創始者の考え方
 五戒 ・呪文や印伝授 ・靈授 ・血液交換法 
 病腺 ・凝視呼気法 ・靈氣実習  など
 3講座 1日半 9時間のセミナーです
 48600円 (再受講は1講座5400円×1・2・3)



ご連絡はこちらまで ⇒ 



施術の説明・予約、セミナーの説明などは「目次」へお願いします



関連記事

△page top

△page top

Secret

△page top

トラックバックURL
→http://blog.kinonekko.jp/tb.php/780-016f623a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

目次

プロフィール

最新コメント

ようこそ!

最新トラックバック

月別アーカイブ