FC2ブログ

07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. » 09

「氣の根っこ」極上の自分時間を提供します

靈氣とリフレクソロジーで心と身体を癒やします。あなたがすでに持っている力を発揮するお手伝いをします。

石徹白 春の例大祭 

Posted on 22:13:38






去る5月18日  石徹白の中居神社で毎年行われる  春の例大祭 がありました

石徹白 は白山信仰の重要な拠点であったため

神に仕える人が住む村として、明治維新まで 苗字をつけ、腰に刀をさし、年貢は免除されていたそうです

中居神社は 泰澄大使が白山を開かれる時に、養老元年717年から3年間滞在され、整備されました


P1280260.jpg


現在の本殿は安政2年、1855年から福井県永平寺町の棟梁が担当し作られています

彫刻の 「栗穂に鶉」 は優れた傑作として評価されています



P1280279.jpg



CIMG0495.jpg

       数年前に訪れた時の写真


1120年以上前から受け繋がれている 「五段の舞」は、 市重要無形民族文化財に指定されています

毎年 小学生の女の子二人で

鈴や金銀の扇などの採物(とりもの)を手に

「鳶(とび)の舞」 「二人舞 」「鈴の舞」 「扇の舞」 「幣の舞」 の5段を踊ります


P1280273.jpg


P1280275.jpg

ここ石徹白は人口の激減で、現在300人弱の人達が生活してます

そのうち 小学生は10人強

地元のおばあさん曰く、舞いを舞うことは皆から羨ましがられる立場だったそう

今も昔も 一ヶ月以上練習を重ね 当日に備えます





本殿から拝殿までは 白い布が通され、神様の通り道とされています

そして神様をお招きし 舞を舞います

静かで厳かで なんともいえない気持ちになりました





P1280278.jpg


樹齢1400年から1800年の杉に囲まれた境内

神様は春に来られて、秋のお祭りまで居られるのだそうです






夏にも 祭りがあり

秋の10月第3日曜日には 新嘗祭 ゲド投げ祭りが行われます

そのおばあさんによると、白米を粉にし 団子に丸めて投げるのだそう

昔は祭りというと 皆スーツに着物

神様をお迎えし、お送りする、当たり前の服装だったんでしょう






そんなパワーあふれる土地 石徹白

今回 帰ってきて翌日から風邪をひき声が出なくなりました

前回、キャンドルナイトで訪れた時も 翌日は 下痢をしました



神様の機嫌を損ねたのか

あるいは 

余計な事はしゃべるな!  余分に食べ過ぎるな! と言っておられるのかもしれません


気をつけます  (^O^)

















関連記事
郡上の街  |  0 trackback  |  0 comment |  edit

△page top

△page top

Secret

△page top

トラックバックURL
→http://blog.kinonekko.jp/tb.php/437-b00b5bb2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

目次

プロフィール

最新コメント

ようこそ!

最新トラックバック

月別アーカイブ