FC2ブログ

07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. » 09

「氣の根っこ」極上の自分時間を提供します

靈氣とリフレクソロジーで心と身体を癒やします。あなたがすでに持っている力を発揮するお手伝いをします。

荒島岳登山 その③ 

Posted on 20:00:00





さて 最終話 3回目


頂上でオニギリをむさぼり食べた二人

隣でカップヌードルを食してる人をみて、あれもいいなぁと羨ましがる

いやいや カップヌードルは軽いけど それには水をたんまり担いでこなきゃ

私たちは これでいいのだ 頂上で淹れる珈琲は美味いんだ!  uccだけどね~ 笑








さぁ せっかくの見晴らし 見なきゃ!     ヨぉ~ッコイショ!!っと立ちあがり、オッとふらつく

360度見渡せるよ・・・・と

せっかくのパノラマ撮影も下手くそ 繋がってないし・・・・












大野市街です  麦の田んぼがコントラストできれい…写真じゃイマイチだけど






霊峰 白山 残念ながら雲に隠れてる








友達の友達がやってたのをFacebookで見て これがやってみたかった!それは息子程の若者だけれど・・汗

ちょっと恥ずかしいけど、残りのありったけの力を振り絞り


えいっ!






周りじゃみんながご飯食べてるのに…

こんな事、いっぱいいる若い人達もやってないのに

ええい!ここはおばさんの図々しささっ  


ご主人、真似てみませんか?

いや 俺は図々しくないし…  おばさんみたいに。   っていうか着地した時が心配やし




だから チャップリン立ち? 


           


さぁ やる事やったし、ヘリコプター呼んで帰ろうか 




いやこれは冗談じゃなくほぼ真剣

あの道を降りるのか 歩くのか 歩けるのか 転がり落ちるのか・・・・・・・・・・・・・・・

膝には登りより下りの方が負担な事は 経験で知ってます

どこかでグキッてやったら、カクッってやったら

尻もちでもついて腰椎圧迫骨折でもしたら

こうなると不安な事しかよぎりません 



しかし つべこべ言ったって歩かなきゃしょうがない

ここは今一度 cowcowです

でも少し違います

右足を下ろし 右手でつかまり 左足で着地 






階段降りる時でも もう私達はカニさんのように横降りですよ

若い人みたいに真っ直ぐ足をつけると 着地の衝撃が強いんです

ゆっくり着地しないと衝撃が膝にくるんです

     なんせ膝が反対に曲がる癖がある旦那さん 靭帯が伸びてるんです そうなると本当にへり出動!








それでも1時間 頂上で休憩したので最初のうちは

おっ!こりゃスムーズに下山できるかも

なんて・・・・・・・・・・






まったくの思い上がりでした 

道間違えたんじゃない? って愚痴が出るほどの長さ 歩きにくさ 

こんなにブナ林って長々と辛かった?






それでもようやく登山口に到着

そしたら  ん? 登って来るときは 後ろにお子様居なかったような






1話目の写真と どこか違いますよ~   わかります?



   



犯人は・・・・・・・・90度向きが変わる道だからです

     じつにおもしろい      by ガリレオ





そこからですよ、例の石ころ道!!!!なんでこんな所にごろごろと石?

歩きにくいったらない 疲れきった足に

登るときには 親切な人が なんて言ってたのは誰?







コンクリートの道がこんなにも歩きやすいと 改めて感謝

だって下を見ながら歩かなくてもつまずく物や滑る心配がないもん



で、富士山で学んだ バック走行      こりゃ楽チン 










3時間かかりました 下山。  なんと去年の白山と同じ時間かかってる

富士山でさえ4時間だったのに


なめてました 失礼しました 荒島さん。

さすが百名山ですな

登山をなめちゃあいけませんぜ 姉御    へへぇぇぇー



そして旦那さんは 完全になめきってた荒島さんを土台にして

次回は 『 御岳山 』 待ってろよ    と豪語してます

どこから来る自信でしょうか





どうも 長々と読んで下さりありがとうございます






関連記事
タグ - 360度  白山  横歩き 
登山  |  0 trackback  |  4 comment |  edit

△page top

うわ~~~

読んでるだけでも登った気になりました(^_^;)
かなり険しかったようですね
ここまで石がゴロゴロだとは・・・・

バック走行、初めて知りました
今度やってみよう^^
若者が忍者のように走って登ったり降りたりしているのを見た時
「若いって凄すぎる!」と感動した記憶があるけど
この年になるととにかく怪我をしないように・・・・
と慎重さが一番ですよね


白山も登られたんですね
魅力ありますよね~あのお山(笑)←変な言い方

sara | URL | #-

2013/06/14 15:39 * edit *

Re: うわ~~~

すごく大変そうでしょう? 
でも登山なんだから当然っちゃ当然・・・苦笑
これは 完全に軽い山だろうとナメてた罰です、そして足腰の弱さゆえ (>_<)

バック走行、いいですよ~
そしてもう一つ教えちゃうと・・・
普段のちょっとした坂を登る時は 右足と右手、左足と左手 を出しながら歩くと楽チンですよ
この歩き方で歩く度胸があればですけどね  笑
古武術の本で知りました。
昔昔の人はこうやって歩いてたらしい・・・・・ほんと?

ぷっぷ | URL | #-

2013/06/15 08:03 * edit *

hirame

うんうん。確かに水は重いですよね・・・
そして毎回その重い水班はわたしになります・・・
うちの夫はプレパラートのような繊細な腰なので(笑)
自然とそのような担当になっています(;_;)

ぷっぷsanのジャンピングお写真が可愛いですっ!
楽しくて見ていてワクワクしますよ♪
わたしも今度真似っこしようかな。

御岳山とは長野県のですか??
昔登ったことがあります(^-^)
山頂の様子がなかなか面白いお山だったので
是非チャレンジしてみてください✩

 | URL | #CP0WLv2.

2013/06/16 09:34 * edit *

Re: hirame

hirameさんこんにちは

> うちの夫はプレパラートのような繊細な腰なので(笑)
 (大笑)表現が楽しい~
 hirameさん、小さくて可愛いのに力強いですね、運搬係!

> わたしも今度真似っこしようかな。
 是非ぜひ!
 欽ちゃん走りの型とか、スッキリのスとか、命!とか・・笑
 毎回違う形でパシャ。
 
> 御岳山とは長野県のですか??
 そうです、木曽御岳山です。
 みたけ山っていうのがあるんですね調べてみたら。
 少し予習したら頂上めぐりできるみたいで、こりゃ山小屋で1泊かなと。
 頂上に色々ありますね~。今度はしっかり調べてから行きます  笑  

ぷっぷ | URL | #-

2013/06/16 20:27 * edit *

△page top

Secret

△page top

トラックバックURL
→http://blog.kinonekko.jp/tb.php/333-429adb98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

目次

プロフィール

最新コメント

ようこそ!

最新トラックバック

月別アーカイブ