FC2ブログ

09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. » 11

「氣の根っこ」極上の自分時間を提供します

靈氣とリフレクソロジーで心と身体を癒やします。あなたがすでに持っている力を発揮するお手伝いをします。

クモ膜下出血で生まれ変わった  

Posted on 18:01:28

こんにちわ
岐阜郡上直傳靈氣リフレクソロジー
「氣の根っこ」河合万里子です
クモ膜下出血、ご存じですか?
脳の動脈にこぶが出来て
それが破れることで脳内に出血する事です
脳は、複数の膜があります
クモ膜よいう膜内に出血が溜まる。
すると、大事な脳実質を圧迫して、最悪命をおとす
妹が1昨年の12月に命を落とした原因です
その
動脈溜が私にもありました
現役時代からときどき検査はしていました。
(なんせ、父親にもありましたから、そして、血圧も高い、そんな家系なんですね。)
でもいつ破裂するかまではわからない。
爆弾を抱えて生活してるんです
それが、ついに爆発しました
9/8の朝です

くしゃみをしたんです
クシャミで?!!?。はい、クシャミで。です。
ベットに寝てる姿勢って、腰が弱いわたしにとっては要注意なんです
咳やクシャミでギックリ腰をやっちゃうなんて例もあります。
なので、腰をかばったんです。お腹に力を入れないように
クシャミって4~5mも唾液を飛ばすほどのエネルギーがあります
そとに向かって吐き出すエネルギー。
それを、とめてるんですよ。皆さんが普段遠慮がちにクシャミしてる感じで。
口の中とかでとめる
それが頭にいったんかなぁ
はきだすエネルギーがぜんぶ頭に。
なんか、あたまが変!と感じたんです。後頭部が。
なんか変!
直感でした。
動脈が破裂した時の痛みは金づちで殴られたくらいの痛みと教わってきました。
そんなんじゃなかったんですが、直感で、
あ、出血したかも。と。
それで、救急車よんでもらい病院に運ばれました
地元の病院は脳外科医がいないということで、高速道も使って1じかん走ったところの大きな病院に運ばれました。
そこで、CTの結果、診断。
麻酔科医がいないlということで、翌日手術となりました。
出血の元となった、溜をクリップで留める手術です。
どうも記憶があやふやなんですが、この時点で私から直傳靈氣のセミナーを受けて下さった皆さんたちでFacebookグループをつくってるんですが、、そのグループの皆さんに私に向けて、遠隔靈氣お願いしてます。そして、主人が連絡をとってくれ、わたしの先生である岡村夫妻も全国に向けてFacebookグループのページに、
私への遠隔をお願いして下さいました
出血、手術をして朦朧とした意識のなか、
四方八方から、わたしに向かって遠赤外線パネルを向けているかのような温かさ。
そしてなんともいえない安心感に包まれていました。
家族はめいめいがわたしに直接靈氣をしてくれて、身体をさすってくれました。手を当てられる、さすられるってこんなにも氣持ちのいいものなんだとほっこりと安心感につつまれていました。
意識がちゃんとし、食事もはじまり、リハビリもはじまったころ、主治医から2かい目の手術の説明がありました
脳髄液が溜まりすぎると水頭症になる恐れがあるので、シャント手術をしましょう。ということでした
背骨の中を通してお腹に髄液を放出するのです。
オペ室勤務で、何回もみてきたおオペです。さっさと同意書にサインしました。
ただ、不安がひとつだけ。
全身麻酔をかける時に行う気管内挿管です。

写真はお借りしました、。

頭のてっぺんをベットにsこすりつけるほど首を最大限そらさなきゃ気管に管をいれられないのです。この首の形で骨とか筋って大丈夫なのかなぁ、首の捻挫にならないのかなあ………今後、痛くなったりしないのかなぁ。


でも麻酔科医の先生はプロですから、まずは、心配よりもやることおこなっていただきましょう。信頼してお任せしました。
また髪に血が付く、消毒が付く
そう思ったわたし、
よぉし!髪を切ろう!ついでにやろうと決めてたヘアドネーションしよう!
こんなl無理なお願いになんとかしようとうごいてくれるわが家族。


病室で床屋さんです
嫁ちゃんが思い切り切ってくれました。
スッキリしました!
それからは日常を取り戻すめの入院リハビリです。
起き上がってる時間が長くなりました。
頭を支えてるだけでやはり、首が凝ってきます、次に肩、そして頭が痛くなってくる
食事、歯磨きの時間なんて苦痛でしかない!
なのですぐにベットになだれこむグデぇぇ~~~とぐでたま状態が続きました
main-38.jpg
(画像はお借りしました)
そんな感じで3週間 寝てる生活が続き
、もろもろの予定をドタキャンしたり断ったり、それは、メールのやりとりが苦手な主人が氣をきかせて連絡しててくれていました。
3週間ねていると、筋力って驚くほどおちますね!たちあがのがつらい。しゃがむなんてもっってのほか!
ベットのうえで、お尻を浮かせられない。ベットから起き上がってあるきだせない・・・トホホです(つω-`。)起き上がっていられる時間も2時間が限界です
奇跡的に命は助かり、後遺症もなく今こうして外泊しPCにむかってますが、日常生活にもどるまでにはまだまだかかります
でも助けていただいた命ですから、大事にしてみなさんに還元できたらと思っています。
読んでいただき、ありがとうございました。

△page top

目次

プロフィール

最新コメント

ようこそ!

最新トラックバック

月別アーカイブ