04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. » 06

「氣の根っこ」極上の自分時間を提供します

靈氣とリフレクソロジーで心と身体を癒やします。あなたがすでに持っている力を発揮するお手伝いをします。

長良川鉄道に乗って・・・ 

Posted on 20:59:51







愛車 モコを手放してから4ヶ月半

ようやく注文していた車が納品されました って事で受け取りに (^-^)




長良川鉄道に乗ってディーラーまで受け取りに行く事にしました

鮎かけで有名(?)な長良川沿いを走る列車、今は レールバスと呼ばれています 



どれだけぶりだろ、これに乗るの    っていうか・・・・乗った事あったっけ・・・  ワクワク ウキウキ    

ほぼ学生のための運行    なので利用する人が少ない

ホームに咲いた雑草も踏まれる事なく、大切に育ててある   


P1280281.jpg




土曜日で学校が休みのせいか 1両編成の車両、 乗ってるのは私達だけ

ガタン  ゴトン     ガタン  ゴトン      ガタン  ゴトン


P1280283.jpg


想像どおり   やりたい放題!! 何をやろうとしてるんだ?!


まずは、社内を隅々まで探索    あちこちウロウロ 

ヘッドレストの掛布が 郡上本染~~

P1280292.jpg



つり革が  木  ~~

P1280302.jpg


小学生が書いた 「長良川鉄道新聞」 が貼ってありました

赤字路線をどうすれば活性化できるか とか

沿線の行楽地とか 上手に作成してありました   パチパチ  



さぁ!   もう我慢出来ません  

大人のくせに 車両の一番前に 立ちます!!                 小学生かっ

左横には運転手さん。   

ごめんなさい      おばさんのず~ず~しさを堪忍して





単線なので、途中の駅では 反対行きの車両が待ってくれてます

向こうも1両編成                 に何人乗ってるんだろ・・・・

P1280290.jpg




山あいなので、トンネルも多しっ!!          先頭車両ならではの この景色    フッフッ~~~ (^O^)


P1280296.jpg



で!   で!!         



陸橋~~~~~~~~      ジットコースターみたーーーい   テンションあがるわぁ~


P1280294.jpg



真下は こんな綺麗な 長良川  

P1280300.jpg




若い女子の時代に ここまで走って  泳ぎに来たっけな~

楽しかったなーーー




てな事を思い出しながら

ぼちぼち街中に入り、乗客も多くなってきたので

おばさんは しぶしぶ座席につくのでした



赤字路線 乗ってみると超楽しい 

お座敷列車なるものが企画されてます  それに乗ってみるのもいいかもな~~

車ばかりじゃなくってね















郡上の街  |  0 trackback  |  0 comment |  edit

△page top

石徹白 春の例大祭 

Posted on 22:13:38






去る5月18日  石徹白の中居神社で毎年行われる  春の例大祭 がありました

石徹白 は白山信仰の重要な拠点であったため

神に仕える人が住む村として、明治維新まで 苗字をつけ、腰に刀をさし、年貢は免除されていたそうです

中居神社は 泰澄大使が白山を開かれる時に、養老元年717年から3年間滞在され、整備されました


P1280260.jpg


現在の本殿は安政2年、1855年から福井県永平寺町の棟梁が担当し作られています

彫刻の 「栗穂に鶉」 は優れた傑作として評価されています



P1280279.jpg



CIMG0495.jpg

       数年前に訪れた時の写真


1120年以上前から受け繋がれている 「五段の舞」は、 市重要無形民族文化財に指定されています

毎年 小学生の女の子二人で

鈴や金銀の扇などの採物(とりもの)を手に

「鳶(とび)の舞」 「二人舞 」「鈴の舞」 「扇の舞」 「幣の舞」 の5段を踊ります


P1280273.jpg


P1280275.jpg

ここ石徹白は人口の激減で、現在300人弱の人達が生活してます

そのうち 小学生は10人強

地元のおばあさん曰く、舞いを舞うことは皆から羨ましがられる立場だったそう

今も昔も 一ヶ月以上練習を重ね 当日に備えます





本殿から拝殿までは 白い布が通され、神様の通り道とされています

そして神様をお招きし 舞を舞います

静かで厳かで なんともいえない気持ちになりました





P1280278.jpg


樹齢1400年から1800年の杉に囲まれた境内

神様は春に来られて、秋のお祭りまで居られるのだそうです






夏にも 祭りがあり

秋の10月第3日曜日には 新嘗祭 ゲド投げ祭りが行われます

そのおばあさんによると、白米を粉にし 団子に丸めて投げるのだそう

昔は祭りというと 皆スーツに着物

神様をお迎えし、お送りする、当たり前の服装だったんでしょう






そんなパワーあふれる土地 石徹白

今回 帰ってきて翌日から風邪をひき声が出なくなりました

前回、キャンドルナイトで訪れた時も 翌日は 下痢をしました



神様の機嫌を損ねたのか

あるいは 

余計な事はしゃべるな!  余分に食べ過ぎるな! と言っておられるのかもしれません


気をつけます  (^O^)

















郡上の街  |  0 trackback  |  0 comment |  edit

△page top

長野へ女子会ツアー 

Posted on 14:49:29




5/10.11と長野に旅行へ行ってきました

もう32年間ほど、子どもが産まれる前からの付き合いの女子会で

年に一度の恒例旅行です

今年は 私が幹事 

今年は8人の パワーあふれる 女子が 隣の県にくりだしました 




安曇野のワイン工場で試飲をし、ホロ酔い状態でみやげを買いまくり! 

このホロ酔い状態では気がでかくなってて また買っちゃうんですよ~

ラッキーだったのが

ホントはタダで試飲できないワインを試飲させてもらった事

紅玉りんごのアイスワイン  美味しかったなぁ~~

葡萄から作るアイスワインより美味しいかも

凄く紅玉のいい香り

でもちょっとお高いので かごには入らず レジには運ばれず・・・ごめんなさい (>_<)




「なわて町・中町」をウロウロし







「善光寺」へ





ここはやっぱり 戒壇巡り!  闇の体験をします 

真っ暗闇の世界の中、ご本尊様の真下にあたる場所に 「極楽のお錠前」があります

それを触ってくると極楽浄土が保証されるという なんとも有難い錠前 (^-^)

      えっどこ?   置いていかんといて~  何にも見えん!       あたりまえ (>_<)

学校なら注意されるくらいの騒がしさで 8人 無事に錠前に触ってきました


地獄へ落ちる予定だったかも ・・  の人も  誰?   これで極楽へ行けるはず 




今夜のおやどは 渋温泉の 「渋ホテル」  

幹事の独断で決めました  昭和レトロでいい感じです









この温泉の特徴は 源泉かけ流し! 24時間かけ流し! なので 熱い! 

くれぐれも。と何回も言われました。 水でうめてから、湯加減をみてからお入り下さい と。




温泉街に9つの外湯があります 

そこは場所ごとに効能が違います。チャレンジしました!9つ全部入ろう!と







が!!  これまた 熱い (>_<) 

浸かってる時間より 水を入れてる時間の方が長いという  トホホ 

夕飯までに 3箇所      翌日、朝食までに 3箇所 が限界でした

6人入ればいっぱいの浴槽です  もちろん脱衣場も狭いです





いっきに脱いで、いっきに入り、いっきにあがり、いっきに着る

    さぁ! 次行くよ!!          ま~~~忙しい温泉巡りでした 






渋ホテルさん、料理は最高でした  女将さんもいい人でした  お湯はもちろん良かです





お猿の温泉なので 時にはお猿に出会えます

餌付けされているのではありません  餌は与えないようにと注意書きがあります




薬師庵の優しげなご住職いわく

休日と知ってて 山から降りて来るんだそうです

休みの日は観光客が多いから、自分を見てキャーキャー言ってくれるのを知ってるんだと ( ̄▽ ̄)






猫さんも そうなのかなぁ・・・  逃げなかったけど









23時過ぎまで呑んで喋って ある人はイビキかいて  眠り

翌朝は5時前に起き、温泉につかり  6時から外湯巡り

女子のパワーは凄まじい 










私が幹事の時は  歩く   という決まり (^-^) ニッ

2日目は  「戸隠神社」 へ 

「奥社」までの 2Kmの道のり   往復4Km






行程表に散々注意書きを書いたので 皆さんウォーキングシューズまで 持参されてました   

普段歩く仕事をしているとはいえ やっぱりヒールじゃ自信がなかったんでしょう

いや 年齢が年齢なのもあるからで・・・・








でも しっかりパワーをもらい これ以上パワーもらってどうするの って女子ばかりですが

年齢を告げてのおみくじを頂き お守りを買い  御朱印帳に記帳してもらい

樹齢800年の杉からパワーを吸い取り    おばさん達は一段と大きくなったのでした 





「中社」では 評判の  うずら屋 さんで1時間並んで お蕎麦を食べました






並ぶだけの事はありました!!!     ごま油で揚げた天ぷらも然ることながら 蕎麦もそりゃ美味しい 

また店長からスタッフさんが 親切  サービス業はこうでなきゃ です










さぁ、ここから 新潟回りで帰路につきます

山好きの私は 高速道からみえる 北アルプスに惚れ惚れしながら、小学生みたいにバスに立ち膝で乗ってきました








年々歳をとる私達ですが、気持はぜっんぜん!若いまま    女子力高いです

でも 今年ふと気づきました


お風呂で 身体を隠す面積が狭くなってきている事を

そのうち タオルで隠さず堂々と歩くようになる私達を想像すると



恐ろしい  

















つぶやき  |  0 trackback  |  2 comment |  edit

△page top

金華山へ 

Posted on 23:03:15




テレビでは GW中の混雑や渋滞、行列が毎日のように放映されてます

並ぶ事がわかってて よく行くよなぁ・・・と感心してしまいますが




私達夫婦は並ぶ事が嫌いなので 穴場を狙って


金華山、岐阜城へ登山とくりだしました



いや、どこも行くあてが無かったので 行ってみっか ってノリです

以前 友人が 「金華山、岐阜城も結構楽しいよ!」と教えててくれたので (^-^)

そして、子ども達が小学低学年の時に 一緒に登山したのを思い出し

今年初の登山へと!

    登山といってよいのか・・・・・  ただの散歩かも





金華山

金華山   矢印が 岐阜城

このテッペンまで登るぞ~~~ (^O^)




岐阜城


駐車場に入るのに 少し並びました

気持が折れる前に 駐車できたので ホッ

岐阜公園入口です 目指す岐阜城!!





瞑想のこみち

4本ある登山道の中から これ 選びました

理由は 一番距離が短いから。 時間が短いから。






馬の背登山道


と いう事は当然 急斜面を登らなきゃ!って事で・・・





馬の背


こんな ふつ~~~の私服で、登山靴でもないのに 大汗かいて登りました




30分程で 到着!


城





ここは 日本!??  と思う程の 中国語が飛び交うなか


人ごみ


行列に並ぶのが苦手な夫婦は 

城に入る事も リス村に入って戯れる事も 帰りをロープーウェイにする事も

断念し



岐阜の町







今度は 百曲登山道から下山してきました






こんなチャッチイ トレッキングを 登山のカテゴリーに入れてよいのか迷いましたが

下山途中にすれ違う人達が 「 こんにちは 」と声を掛け合うので

これが 登山のいい所!  やっぱり登山だ!

と、ちゃっかり 今年初の登山と決めつけました ( ̄▽ ̄)











登山  |  0 trackback  |  2 comment |  edit

△page top

まじない 

Posted on 10:04:28





帰省している長男が いぼ ができたと

 「 いぼ取りの水 」 がある神社へ行くと言います

手と足にできてます


一回、ここの水を いぼ につけるだけで 取れてしまうと噂 (^-^)

私の友達は、ここの水をペットボトルに入れて持ち帰ろうと 詰めて持ち帰りましたが

車の助手席に置いて 自宅に着いた時には カラッポ だったと ( ̄▽ ̄)

それも、水がこぼれた形跡も無し!





  ( ̄ー ̄)  不思議なんです





神社の 水がある場所を教え

ひとりで行ってきました




空っぽの時もあるんですが

溜まってたそうで、付けてきました 手足のいぼに





1




それから 4日程 経過

なにげに 小さくなってきたと言います




神社にある  って所が 御利益ありそうですよ





2



この左側の 丸い石が蓋のようになってる所に水が貯まります






むかしむかし、次男が中学生の時に 手足にものすごい数の いぼ ができた時は

D○Cの バー○ジンオ○ルをつけると治ると聞き

毎日つけてたら 本当にすっかり治りました!







 「 尋常性疣贅 」 

ウイルスで広がりますが

暗示法でも治るんです  フフフ ( ̄ー ̄)




これは長男には内緒にしておきます

神社の水で いぼ がとれたという方が 夢 がありますから



3








つぶやき  |  0 trackback  |  2 comment |  edit

△page top

目次

プロフィール

最新コメント

ようこそ!

最新トラックバック

月別アーカイブ